はさみの刺繍糸入れ完成です

先日の刺しかけのはさみの刺繍も完成し箱に貼りました



この箱はたまたまあったものなのですが刺繍糸にピッタリサイズ!
これでお部屋も片付きます



刺繍はこんな感じです
色々足したくなりますがシンプルに仕上げました



これを機に作業部屋も布やものが増えてきたため整理し片付けをしようと思います


ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます

スポンサーサイト

はさみの刺繍と手芸屋さん・・そして陶器市

刺繍ブログされている方はご存知、参加されている方も多いのでしょう
フェイスブックでの「刺繍LOVEちくちく愛好会」(管理人さんは刺繍ブログでもおなじみのぺんぐいんさん)というグループ
皆さんが刺繍を愛し、作った作品を公開するのはもちろん展覧会やワークショップ、マルシェなど刺繍に関する情報交換もできます
そこで横浜にある70年続いた街の手芸屋さんが閉店するので閉店セールするという情報をいただき行ってきました
こういうのも愛好会ならではですね(申請制だし管理人さんもきちんと管理してくれているので荒れてないしアットホームですしいろんな方の作品も見れます。刺繍している方はぜひ参加してみてください)

自分もジャンルは違うけど店での仕事なので「~が閉店する」という情報は敏感だし胸が痛くなります
そしてその場所に新たにできるものがその場所を活かしたものでなかった場合の落胆。しかたないし自分勝手な思い込みだけど残念でなりません

しかしどんどん街の手芸屋さんがなくなってしまいます
「ここどうすればいいの?」「この生地に合うボタンってどれがいいかしら」なんて気軽に聞きに行けそのうちご近所トークでわいわいできる場所が減っていきます
安価で手に入れ、制作に関する悩みは今やネットに頼る時代なのでしょうか

お店のおばあちゃんは常連さんへの挨拶や手芸に関する相談で大忙しでした
初めての私にも親切にしてくださっていつまでも元気で手芸に携わっていてほしいと祈るばかりです

そして残っていた刺繍糸やボタンを大人買い
これをどう整理しようかうれしい悩みです

その大人買いした糸ではさみの刺繍をしてみました
これは箱に張り刺繍糸ケースになる予定です



あと先日フライングしてしまった横浜の大通り公園の陶器市昨日から始まったそうです
私はまだ行ってませんが今度は確実に陶器市です^^;
なんと6月5日まで!!!今度は陶器を大人買い!!


ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます

黒の羽の妄想ヘアバンド

以前作った羽のドイリーの羽を少し大きくしてヘアバンド用に刺繍してみました
今回は2本取り。黒に黒で刺しづらかったけれどやっぱり羽は楽しい!

なぜヘアバンドかというとここ二年ずっとショートヘアだったのですがまた伸ばし始めようと思ってて、そしてそういう人の通過儀礼あるあるですが「あ~今中途半端~切りたい切りたい~」っていう時期は一回くらいくるときがあります

で、今がそんな時期。それをぐぐっと我慢して伸ばすとヘアアレンジ楽しいから!頑張って!と自分を励ますための小物を作ろうと思ったのです



頭につけるとこんな感じ・・・てよくわからない写真になってますね^^;
幅太目にしようと10センチで作ったけどちょっと大きかったので次回は8センチにしよう



後ろだけゴムタイプのヘアバンドです



髪の毛で見えるか隠れるかくらいのところにこっそり鳥を入れました
人には関係なく勝手に物語を作ってしまうっていうのが妄想派チラリズムの醍醐味です
だから着物が好きなのかも
人にはあまり見えない襦袢から着物、帯、小物で一つのテーマを物語る
形が一緒なぶん柄で季節感を先取りしたり洋装ではあまりない組み立て方があると着物には思います
あと着物はダイエットにも効果的
帯が姿勢を矯正してくれて自然と背筋も伸びるし締めてるから食事も少な目で満足する
夏は脱ぐと腰まわり汗いっぱいだし歩幅広がらないから普段使わない筋肉を使うことが出来ます!
なんといっても「着物を着ている」ってだけで意識もかわり所作が変わると暮らしも変わる
だって着物着てる人がポテチ袋からバリバリ食べてコーラがぶ飲みする姿って想像できませんよね

ほらっ着物着てみたくなったでしょ~~

これから暑いけど大好きな夏着物の季節
髪も結べるようになるしダイエットも兼ねて今年は着物楽しむぞ~~



ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます

蟻地獄的菊の刺繍

刺繍教室で作った菊のがま口
「物語からうまれた刺繍とノスタルジックな布小物」浅賀菜緒子著
この本の中から指定されたいくつかある図案から菊を選んだのですがこれが簡単そうに見えてすっごく難しかった



菊の花びらを延々とレイジーデイジーステッチで埋めていくんですがそれが曲者でした



花の丸みを中心から外に向かって何段かにわかれて少しづつ角度を刺しながら花びらの華麗な広がりを表現するのですがこれがまあほんっと小憎らしいくらいできない

流れるような角度を気にしすぎて花の丸い形がどうしても楕円形になったり
あまり細かく刺すと花びらに見えずステッチもつぶれてしまう
かといって大きすぎると隙間でスカスカしてしまう

黒に白というコントラスト強い色選びも悪かったのか刺してはやり直しを繰り返しなんだかんだ15回くらい刺しました
レイジーデイジーステッチで埋もれる蟻地獄のようでした
それでこれ!!先生の本の菊は可憐でふっくら丸くしかも簡単そうにささっと刺している感じなのに
私のは苦労しております感半端ない

やはりこの本はS度が高い
本だとこの図案は「さらっとさせるから空いた時間にやってみれば~」みたいに気軽な感じで載っているのですが
刺し始めると「おほほほ~ようこそこの蟻地獄へ~もう出られませんことよ~」と足元を取られ砂に埋もれていく私を上から見下ろすボンテージの先生がいます
でも
ようやく這い上がりこの蟻地獄を脱したとき!!
砂しか見えなかった世界から砂埃を払いながら顔を上げるとそこは一面花畑
ミツバチは歌い蝶は舞い子熊は転がりカピバラは亀を背に乗せている
その中心にはワインと豪華な食事のあるテーブルが!
そこにはさっきまでボンテージだった先生が白いレースのワンピースを着て日傘を持ち他の這い上がってきた生徒さんと一緒になって手招きしてくれます
菊ではこの光景は見れなかったけれどほかの図案を刺して成功したとき(自分なりにですが)のこの風景は忘れません

まったくこの本の「物語」って恐ろしい
まあ私の技術不足ゆえの物語なので楽々と刺せてしまうのかもしれません
もしこれを読んで「菊刺してみた~思ったより簡単だった~」という方がいたら是非!!!コツを教えて~


ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます


木の刺繍と緑の犬

先日アップした陶器市のブログで日程やら間違って記載してしまいました
見て実際行こうとしてくれた方からの情報で発覚
全くお恥ずかしい限りです
実際の陶器市(年二回行われる大規模なもの)は今月の28からだそう・・・

参考までにと色々ネットで横浜イベント情報を覗いていたら大桟橋ホールのイベントのイームズ展に目を奪われました
「横浜で、チャールズイームズを想う」5月24日~28日
何が惹かれたってそのイベントでイームズの椅子と一緒に写真を撮ろうという企画。出来上がりの写真サイズがなんと新聞紙3枚分!いるのか?自分と椅子の写真にそんなビッグサイズ??その印刷技術とイームズをひっかけてるの?
まだはがきサイズかA4くらいまでならわかるけど・・・初めて彼の部屋に行ってそんな写真でかでかと貼られていたら引くわ~
イームズは好きだけどだったら椅子のみのビッグポスターのほうが嬉しいような・・・
その写真撮ってるところを見に行きたい
あと同じく大桟橋ホールでやるビーズショー(5月19日~21日)のポスターにも目を奪われました
あえてURL等貼りませんが数ある素敵なビーズ作品もあろうはずでなぜこのポスター?その深い意図があほな私にはわからずちょっと混乱しました。でもきっと素敵なイベントなのでしょう!楽しみです!

気を取り直して木の刺繍してみました
からりとした寒空を切り裂く一本の木 をイメージ



孤独感あまり出なかった・・・
木ってその生命力のスケールの大きさに圧倒されて昔から絵にしたりするの苦手だったのですが最近練習しております

そして今朝の衝撃 緑の犬
仕事帰りいつもいる野良猫に挨拶しに行こうと回り道したらいままでなかった緑の犬が道端に!



しかも結構リアル!めっちゃこっち見てる~たまにいるこんな髪色のおばさんの化身か?
なんでここに?
野良猫さんはいなかったけど新しいお友達が出来た~
上を向いて歩くと涙はこぼれないかもしれないけれど下を向いて歩くと意外な発見がありますね~

またとりとめのない文章でした^^


ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます

誰もいない森で木が倒れる音

久しぶりにやってしまいました
12時間飲み続ける
7軒のはしごでいったいどれだけのお酒を飲んだのでしょうか
さすがに次の日のお酒は美味しくなかった

ガーランドの中のハイボールの刺繍


良いお店、素敵な人に会うともうそれだけでテンション上がってしまってついつい飲みすぎちゃいました
いろんなお話もできたし勉強になりました

おぼろげで曖昧だったものが少しづつまとまってなんだか形になってきてやがては泡のように消えてしまう
水面ではじけた泡たちは空気と一緒になり私の中へ入っていきその中でまた新たな何かに生まれ変わる
液体のような夜

この誰もいない世界での私のつぶやきは声になっているのだろうか
からっとした寒さで空も凍る日に大きな木はゆっくりと崩れ果てていくフィルムが流れている
フィルムは終わったけれどリールはまだ回り続けカシャンカシャンという音と真っ白に照らされたスクリーンだけが今の私のすべてになる

なんてただの飲みすぎを自分の中で正当化しようとちょっとポエジーに仕上げてみました

ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます

トットてれびにおおはまり中

最近NHKがドラマにものすごく力を入れている気がします
今季の土曜にやっている「トットてれび」黒柳徹子とテレビのお話が私のツボを目いっぱい刺激してくれます
満島ひかりさんの演技がまたお上手!黒柳徹子さんの微妙なビブラートとかよく研究されていて、でも物まねには決してならずきちんと成立している!
私が近所のおばちゃんだったら「は~あんたうまいわねえ~さすがやわ~」と言いたいくらい

演出も徹子さんの雰囲気と高度成長期の夢いっぱいなふわふわ感をうまく表しているし当時の音楽も好き!
大友さんの音楽もかつての「あまちゃん」を感じさせてノスタルジーになります
そして極め付けはファッションや小道具!!
この時代の日本のファッション大好き!和装も洋装もいい!
小道具の化粧品とかインカムとか人形とか細かく観ているともうめまいします
泣ける話では全くないけど涙出てきます

エゴラッピンの笠置しず子も似てました
買い物ブギ 笠置しずこバージョン

本でもなんでも面白いと終わりそうなムードになってくるとさみしくなっちゃいますね
古着屋巡りしてあの時代の服集めたくなりました
が、まず着こなせる顔にならないといけません

わてほんまによう言わんわ

ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます

羽のドイリー スカラップ刺繍

母の日ですね
祝ったり祝われたりいろんなママがいるこのでしょう
そしてGWもおしまい。特別なお出かけもなく日常を過ごしました
そして刺繍
先日羽の刺繍をしてから羽にはまりドイリーを作りました
こっそり拾った天使の羽を自分だけの内緒の宝箱に収めてみました
この羽をお守りにどこまでも飛んでいける柔軟さを手に入れたい



カーキ色のリネンに白い羽
久しぶりのスカラップはやはりつらく長い道のりでした
ここ数日は延々スカラップしてました



この宝箱は猫のムギも大好きでよくその箱の上でくつろいでます


ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます


装丁を想定してみた刺繍第一弾

久しぶりに妄想刺繍
新たなシリーズを始めてみました「装丁を想定する」この本の表紙どんなかな~と妄想しながら刺繍するのです
「無駄な労力を・・・」と言わないでください・・・ただ刺繍するより枠を決めてその中で妄想するほうが刺繍も楽しいしね!

第一弾は先日WOWOWでもドラマ化された「カッコウの卵は誰のもの」東野圭吾作です
これは才能と努力、DNAと後天的なものはどちらが自分なのかという内容です
誰の子供かわからない天才的な才能を持つ娘と父、誰の子なのかを探すミステリー
ドラマも終わってしまったけれどWOWOWさんは再放送何度もやるしDVDにもきっとなるだろうからもし機会あったらおすすめです
土屋太鳳さん素敵です



カッコウの羽とモズの羽をDNAのようにらせんっぽくしてみました
ま、そのまんまと言われるとそのまんまですが
羽がただ刺したかっただけです



一本取りでみっちり刺しました
次なんにしようかな
本だけでなく映画やドラマ、音楽でもいいな!


ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます

スコットランドの王室の紋章出来た~

以前刺し途中の記事スコットランドの紋章の刺繍完成しました



周りのラインの細いサテンステッチ本当に苦手・・・この刺繍は苦行でした。へべれけ相手にお話しするようなもの
のれんに腕押し状態でした

でものん兵衛を日々相手にしているし自分もお酒好きなのでわかるけど
この獅子はウィスキーで酔った顔してます。お国柄ですね

ワイン、日本酒、焼酎などなどいろんなお酒とそれに伴ういろんな酔い顔があります
お店に入ってきたときに「あ、このお客様は日本酒飲んできた」「まだ素面なお客様」「ワインたらふく飲んでるね~」など察知しいろんな便宜を図ることがバーテンダーの大事な仕事の一つ
そこを見極めないと美味しいお酒と楽しいお店は作れない
同じハイボールでも飲み手によって微妙に変えます


ポチッとしてくださると励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

いつも拙いブログ見てくださりありがとうございます